もし僕のシンボルカラーが黄色ではなく自由に色を選べてたら

はじめに

はじめまして!こんにちは!
アラスカ自転車大冒険夢見る少年
“Alaskan Boy”の「ゆうや」です!
「まずはAlaskan Boyについて知ろう!」って方!
こちらをお読みください!
冒険家への決意はこちらにてお話させてもらってます!
また、なぜアラスカに行きたいのかはこちらからお願いします!

さて僕は株式会社mont-bell様よりアラスカ冒険を応援してもらえることになりました。
全身をほとんどmont-bellウェアで固めてアラスカに挑戦します!

mont-bellウェア身に纏いアラスカへ

2019.07.07

しかしすこーし問題があるんです。

自転車に限らずアウトドアでは装備の量を減らして軽量化をすることで機動力が上がりより高いパフォーマンスを発揮できたり、快適性に繋がります。

そしてそれぞれの製品に向き不向きなどもあります。

ですのでアラスカで100%の力を発揮できる性能を持ったウェアを選ぶことは大切でしょう。

しかし、僕。
機能<<<<黄色!?!?Σ(゚д゚lll)
でウェアを選んだんです😅

理由はちゃんとあります。

人は
〇〇といえば△△
というように2つの異なる事柄に法則や規則性などを見出すと記憶しやすい生き物です。

僕はいっっっつも!
黄色い服を着ています。

そう、Twitter、InstagramをはじめとしたSNSのフォロワーさんにとって

Alaskan Boy = Yellow!

なんです。

これがどうしてそんなに大切かというと。

情報発信に僕は力を入れています。

なのでSNSのタイムラインにて一目見て僕の投稿だと認知してもらえることは結構大切な要素の1つです。

つまり、基本的に黄色い服を多く選ぶことは僕の黄色というブランディングに繋がるわけです。

結果的に私服サイクリングでこんな気持ち悪いことになってしまうことも。

しかし!
アラスカへのリハーサルを行う過程で生じた問題。
それが今回の話題。

アラスカンボーイ
黄色で服選びすぎた…もっとアラスカ冒険に最適な物を機能面で選ぶべきだったかも…

もしも僕のシンボルカラーなんて存在せず、自由にmont-bellウェアを機能だけで選べてたら

まず最初にこの製品はこういう製品にしておけば良かった!ってのをお話します。
勿論代用品もmont-bellの製品でご紹介します。
mont-bellのウェアは素晴らしいです!
僕がただ単に色で選びすぎただけで、mont-bellウェアそのものは素晴らしい。
そこは誤解のないようにしておきたい。

さてそれではスタート〜!

ロッシュパーカー、ロッシュパンツ

こちらの製品の強みは

  • 優れたストレッチ性
  • 肩、肘、膝、尻などの摩擦や圧力などのストレスが掛かりやすい部位は高強度の素材が使用される。

こんな感じに色の異なる部分に高強度素材が使われる。

肘と膝を見せてるのはいいが、なぜ顎まで突き出してるのか…w
  • 防風&保温に優れた行動着

である。

え???🙃
めっちゃええやん!

そうめっちゃいいんですよ!

ロッシュパーカー

ロッシュパンツ

ではこのロッシュシリーズ。
アラスカ冒険で何が物足りないのか…

それはズバリ嵩張る!
人力で移動する自転車にとって軽量化は切っても切り離せない課題。

ここにおいてロッシュシリーズは不利に感じる。色を優先して選んだ結果だ笑
だってネイビーとのコントラストでめっちゃ黄色かっこいいやん!
そんなん選んじゃうジャン…😫

そして保温なら厚手のフリースや化繊中綿製品などを選んだ方が軽くてよかった。
防風性はアウターに着るレインウェアで防風・防水・透湿を行える。
そのため風が冷たい時は軽いレインウェアを着ればいい。

軽いフリースと軽いレインウェアで代用できたのだ。
しかもレインウェアはアウトドア必須アイテム。
だから実質、ロッシュシリーズの代わりはフリースや化繊中綿素材のみで成り立ったということ。

代用するならコレ!

サーマライドジャケット!

優れた保温性ストレッチ性。そして自転車を乗るために前傾姿勢に合わせた立体的なシルエット。空気抵抗削減にも繋がる。
自転車は高速で移動するアクティビティ。
前面は冷たい風をブロックするため防風性保温性に優れる。一方、あまり風を浴びない背面は汗の吸収速乾性ストレッチ性に優れた生地を使用。
前後で素材を変える工夫。
mont-bellのこだわりはすごい。

サーマライドジャケット

なぜこんなにベタ惚れなのに選ばなかったかって???


色がなかったんだよ!(半ギレ)

ストリームパーカー

究極のアルパインウェア。

アルパインウェアとは主に雪山装備として作られた高機能ウェア。
ストリームパーカー

ストリームパーカーの魅力は

  • 圧倒的な耐水圧

→まず外部から体が濡れることはないだろう。

また表地側と裏地側に胸ポケットを搭載し、胸部だけで全部で4つのポケットがある。
更に表地のポケット2つは濡れたギアもそのまま入れられる。これ割と便利。

  • 抜群の透湿性。
透湿性とは、ウェア内部の汗などによる蒸れを解消し、快適な着心地を保つばかりでなく汗冷えによる体温低下から身を守るのに無視できない大切な性能。
  • 強靭なGore-Tex Proを使用したハードシェルにも関わらず優れた動きやすさ。
  • 脇のベンチレーション

→体温が上昇しウェア内部の蒸れを放出するとき、ジッパーを開くのは当然だ。しかし、外気温が低い環境で前面のジッパーを開くと、首元、胸、腹などの冷やすと厄介な部分が冷え体調悪化に繋がることも。

寒そうな顔を再現してみたけど、寧ろなんだか幸せそう

そんな時に活躍してくれるのが脇のベンチレーション!
脇は非常に蒸れやすい箇所。
そこだけをピンポイントで開放して放熱できる。

  • 腹部のウィンドスカート

→二重で腹部からの防風性を高められる。

え?これもめっちゃええやんね!
何がいかんの???

 

 



ズバリ、オーバースペックwww

雪山装備だけに機能は素晴らしい!

ただ、普通のレインウェアを選んだ方が軽量化できた。

でも色がこれがドンピシャだったんだもん…😭

でも真冬の日本の走行試験でかなり満足できたから、あまり問題ではない。
ただ強いて言うなら、ここでも軽量化できたな…っていうそんな感じ。

ではストリームパーカーを代用する品をご紹介。

本当に色さえあればよかったな…

サイクルレインジャケット

サイクルレインジャケット

世界最高水準の防水透湿性素材GORE-TEXパックライト・プロダクトテクノロジーを使用した自転車のためのレインウェア!

透湿性耐水性がとにかく高く、また走るスピード故に前面から強い耐水圧を受ける自転車。漏水の危険がある前面のジッパーにはアクアテクトジッパーと細めのシングルフラップを使用し耐水性を高めている。

アクアテクトジッパー:止水性の高いジッパーのこと
フラップ:ジッパーを隠すための生地。

これは僕が持っているGORE BIKE WEARのレインウェアですが


このようにジッパーを隠すことにより耐水性の弱いジッパーを守ることができます。

しかし、実際にmont-bellストアに行ってみた際の感想ですが。
僕が持っているこちらのサイクルレインジャケットよりも裏地の触り心地がいいんですよね。
なんて言えばいいかな?
mont-bellの方が透湿性が良さそうな感じが伝わってくるwww

とにかくmont-bellすげーよ笑

見た目へのこだわりも程々に。

なんかほとんど商品紹介の記事になってしまいましたね。

見た目ってモチベーションに繋がるし本当に大切だと思います!

でも、ある程度過酷な挑戦をするなら機能を本当に大切にしないとね!
参考になったかな?

というわけで、まず何よりも機能性を大切に!

皆さんもmont-bellの優れた製品、お試しになられてはいかがだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)