僕の夢。別に叶わなくてもいい

Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the world.

僕はこの言葉が本当に好きだ。

いや、正確には共感する。

と言うべきだろう。

僕がこの言葉を知ったのは19歳の頃。

19年生きてきて感じてきたことを
わかりやすく表現した言葉だった。

だから自然と共感した。

全部の夢が叶うなんてあり得ない。

さて冒頭の英文だが

「ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。」

という風に直訳される。

僕が19年生きて感じてきたことそのままだった。(あ、今は21歳です笑)

僕は人間は欲深い生き物だと思っています。

人間が人間らしくある限り
夢は大なり小なり1つではないと思います。
そして1つ叶えたら、また新しい夢ができていると思います。

夢を叶える度に新しい夢ができる。

これの繰り返し。

だから自然と全部の夢が叶うなんてことあり得ないんです。

だって命は有限。いつか死にますから。

明日死ぬかもしれません。

だから僕は夢を叶えることよりも

夢にどれだけ近づけるか。

夢をいくつ叶えられるか。

そしていくつの夢を見ることができるのか。

それこそが大切だと思っています。

だけどただ闇雲に

アレもコレもやってみたい!
ぜーんぶ僕の夢!

ってのは違和感を覚えます。

だから僕は何かに挑戦する際に

次を見据えて挑戦します。

例えば今回のアラスカ冒険。

もう出発まで1週間をきりました。

アラスカ冒険に成功したら次は何ができるかな?

そんな風に前向きにさらに奥を見据える目が大切だと思っています。

出国前の今もアラスカ冒険の先に見据えている目標はありますが、アラスカに行けば必ず何かを学んできます。

そこでの学びの姿勢は次を見据える姿勢で大きく変わるでしょう。

おわりに

今年、人生で最も大きな夢を1つ叶えて帰ってきます。

大きい夢の達成に満足せず、夢追うプロとして自分の人生作っていきます。

いつも応援ありがとうございます。

そろそろ就活。悩み

2019.07.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)