元小学校教師サトウさんが世界を走る理由

子供たちに世界を!

"世界科"という授業を僕が届ける!

そう語るのは千葉県船橋市の元小学校教師サトウフミヒコさんだ。

彼は現在、子供たちにSNSを通して世界科学習という授業を提供しながら自転車で旅をしている。

そんな彼は、僕のアラスカ冒険のスポンサーの一人だ。

彼も旅人、お金に余裕はない。
なのになぜこれから走る南米で半月は過ごせたであろうお金を僕に支援してくれたのだろうか?

本気の応援とは

以前SNSで炎上した際にサトウフミヒコさんからメッセージが届いた。

それから約半年、サトウさんからメッセージを頂いた。

 

サトウフミヒコさん

今度、日本に一時帰国することになりました。以前私はあなたを応援している、とお伝えしました。本気の応援をするのでお金を支援します。是非会いましょう。

そして、サトウさんが一時帰国するタイミングでたくさんお話しをした。

サトウさんは言う。

本気の応援とは何か形あるもので応援すること。

 

投資というお金の使い方

サトウさんはそれを支援ではなく投資だと言って、お金をくれました。

投資とはつまり、まわりまわって自分のためになるから人にお金をあげる、ということ。

人との出会いは,人生の大きな財産です。
これから先,アラスカンボーイからたくさんの旅の情報や,元気をもらえる。
そう思ったから,私は彼に「投資」をしたのです。

と、先に紹介したブログにも書かれている。

しかし、僕は正直なところ、その意味がわからないでいた。

アラスカの絶景を見せられて

サトウさんとお話ししている中で、彼が冒険中に撮ったアラスカの写真を見せてくれた。

アラスカンボーイ
これがサトウさんの見てきたアラスカの絶景なのか!
と、すごく感動した。

サトウさんはプロの写真家ではないけれど、彼自身が彼の視点でとった写真を見ると、なぜか興奮した。

僕はサトウさんの見てきたアラスカを見て本気で本気でアラスカに行きたくてたまらなくなった。

また、サトウさんは写真を見せながら、現地に行かないとわからない感動をたくさん伝えてくれた。

その時に、支援じゃなくて投資である、と言う言葉の意味がわかった気がした。

人との出会いは,人生の大きな財産です。
これから先,アラスカンボーイからたくさんの旅の情報や,元気をもらえる。
そう思ったから,私は彼に「投資」をしたのです。

僕はサトウさんの投資に、感動や元気といったリターンで応えたいし、応える必要がある。

だから成功させるのは当たり前だし僕の笑顔が誰かに元気を与えるよう楽しんでアラスカを走ってくる。

 

さて、この記事を書いている今はもうアラスカ出発6日前。

出発はもう目の前。

今度は僕の写真と体験で誰かを感動させたい。

サトウさんが世界科授業を届ける理由

サトウさんは何よりも子供たちが未知へのワクワクに出会った瞬間の笑顔が好きだという。

未知とはなんだろうか?

それは見たことないこと、ワクワクする新世界のこと。

まさに冒険のことである。

でも別に僕のようにみんながアラスカのような世界に行く必要はない。

例えば算数の新しい公式を理解することにより新しい問題が解ける感動を覚える。

こんなことだって、子供にとってみれば新たな感動だ。

サトウフミヒコさん
もっと子供たちに広い世界を見てほしい。

そう語っていた。

 

サトウフミヒコさん

だからこそ学校の教師を辞めた。

自転車だから見える世界がある。

自力で世界を回るから初めて全てがわかる。

この目にリアルに映った世界を発信できる。

自分の活動を見た子供たちが何かビビッとくるものがあると嬉しい。

 

そんなことを言っていた。

子供への教育の話になると本当に熱心で楽しそうで、同時に日本の教育界を憂いていた。

アラスカンボーイ
サトウさんは本当に子供がだいすきなんだなぁ…

そう感じた。

学校にいてはできなかった新しい教育。"世界科学習"

教える側が"本気の楽しい"を感じて、初めて人に伝えることができる。

こんな楽しい科目が義務教育にあったら最高ですね。

※もしそんなことが起こったら、教師になるには世界を回らないといけないのか…難易度高w

おわりに

サトウさんには、一時帰国の短い時間で、わざわざ船橋から名古屋までお越しいただきました。また、たくさんのお話と、お金をいただきました。

本当にありがとうございます!

元教師が子供たちに届ける世界科学習。

子供たちにもわかりやすくかわいらしいイラストなんかも混ぜて世界を伝えてくれています。

よかったら一度、見てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)