アラスカンボーイのスポンサーのみなさまへ

この記事はアラスカンボーイチームのスタッフが書いています。

初めまして。アラスカンボーイのメディアスタッフをやっている友利と言います。

スタッフへの問い合わせはこちら: alaskanboystaff@gmail.com

まずはじめに、アラスカンボーイを支援してくださったことに関して、スタッフ一同、感謝しきれないほど感謝しています。

この記事はあまり長く書くつもりはありませんので、特にスポンサーの皆さまには最後まで読んでいただけると嬉しいです。

Twitterを見てくださっている方はご存知かと思いますが、アラスカンボーイが冒険前にシアトル空港でスマホを紛失してしまいました。

アラスカはフェアバンクスとアンカレジ周辺以外は、通信圏外です。冒険中のほとんどの期間は、スマホを持っていようが通信ができないことは事前にわかっていました。

だから、通信できる地域に入った時に、日記や写真などをツイッターやブログを通じて発信するつもりでした。しかし、スマホの紛失によりそれができなくなりました。

スタッフも常に彼と通信する手段はありません。しかし、彼が現地の親切な方にスマホを借り、ツイッターにログインすることで3回ほど連絡が取れました。

スタッフとアラスカンボーイのやりとりを載せます。

スタッフがアラスカンボーイにメッセージを送っています。
「まつお」というのはアラスカンボーイの苗字です。
アラスカンボーイ「アラスカに自転車を持ってくることができた。そして、携帯電話は買わないことにした。誰かからスマホを借りられたときはツイッターにログインしてメッセージ送るね。楽しんでる。もちろん、とても不安だけど。だけど、覚悟して日本を出発した。あとは、ベストを尽くすだけ。」
アラスカンボーイ「全てのスポンサーに連絡することはできない。なぜなら、スポンサーの何人かはLINEでしか連絡を取り合っていないから。」
アラスカンボーイ「この画面をツイートしていいよ!」
アラスカンボーイ「長い時間、スマホを借りられない」
アラスカンボーイ「彼女に、”アイラブユー、生きて帰ってきます”と伝えてほしい」
スタッフ「君は天才だね。なんて、素晴らしいんだ!」
アラスカンボーイ「セキュリティー審査を通った時のことを何回も思い出そうとしたけど、スマホがどこにいったのかは検討がつかなかった。」
アラスカンボーイ「おそらく、誰かが間違ってスマホを持って行ったんだと思う。」
アラスカンボーイ「僕をサポートしてくれている全ての人に申し訳ない。」
スタッフ「それは心配しないで!」
アラスカンボーイ「スマホなしで冒険を成功させられればと思う。」

・彼は冒険を楽しんでいます。

・彼はスポンサーさんや応援してくださる方に対して、申し訳なく思っています。

この二点は、アラスカンボーイからのメッセージとして、理解してもらえればと思います。

また、スポンサーさんや応援してくださる方々は、アラスカンボーイによるリアルタイムの情報発信を期待し、楽しみにされていたと思います。

しかし、それができなくなってしまいました。申し訳ありません。

一旦は、スポンサーさんには個別にスタッフから説明を差し上げようとおもったのですが、それは控えさせていただくことにしました。

ずっとスポンサーさんと連絡をとっていたのはアラスカンボーイです。

私たちスタッフは、連絡する手段を持っていません。

・アラスカンボーイのTwitterアカウントのDMは、彼と相手のプライベートな空間なので、スタッフは開かない。

・LINEを通して連絡をとっていたスポンサーさんが多く、その場合はスタッフから連絡をすることができない。

・特定のスポンサーさんには説明して、他のスポンサーさんには説明できない、という状況はよくない。

以上の理由から、アラスカンボーイ本人が事情を説明できる時を待つという判断をしました。

それは、いつになるかはわかりませんが、できるだけ早く説明できるように調整します。

リアルタイムでの発信はできませんが、予定通り、アラスカンボーイが計画しているリターンはスポンサーさんにお渡しします。

また、彼の帰国後に、写真と日記をたっぷりと発信できると思います。

彼から直接、お土産話も聞けるはずです。

どうかご了承いただきたいです。

個別にスタッフに連絡をしたい場合は、alaskanboystaff@gmail.com 

お手数ですが、ここにメールしていただけますでしょうか。

どうか、これからもアラスカンボーイをよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)