漂流冒険。悠久の時の流れを感じる。

この記事はアラスカ計画リシーズの③です。
アラスカ計画①
アラスカ計画②

自然の水は循環する。
雨が降り、山から水が集まり、川に流れ、海へ出て、蒸発して、また雨になる。
このプロセスの中で山や川を形作り、自然地形ができる。
川の流れにのり旅することは、自然が刻む時の流れに抗わず、ただ身を任せ、水流が作り出した大地の歴史を目撃し、理解していくことだと思う。
そんな自然と近くなれる冒険をしてみたい。

時間の旅。

イメージ画像。pixabayよりフリー素材

自然に身をまかせる旅は最高だろう。

ファットバイクでかつて走ったことのある川や海ならなおさらだ。
別の時間を懐かしみながら漂流できるのだ。きっとすごく感慨深くなることだろう。

カヤックには、自転車と決定的に違う点がある。

流れに身をまかせることで、自分で漕がなくても移動できる。

だからこそ、自然が過ごす時間を水を介して味うことができる。

悠久の旅をカヤックでしてみたい。
水上からしか見えない景色をカヤックから眺める。
そこで本を読んでみたい。
たまに漕ぎたくなったらパドルを漕ぐのもいい。

つづきへ

自転車に乗ってるとどうしても時間に焦ることあるんですよね。
だから、カヤックの旅に憧れます。

イメージ画像。pixabayよりフリー素材。

水の上で時間を気にせず、気ままに旅をして、行きたいところへ寄り道する。そんな冒険をしてみたいです。
川が作り出した地形を上流から水流に伴い順にみていく。
川の流れに乗ることで、アラスカの地形への理解を深めていきたいものです。
次回はアラスカ計画最後の冒険です。
難易度は最も高いでしょう。

アラスカ冒険④、最終章

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)