mont-bellのテント“クロノスドーム“をアラスカで30夜以上使ってみた感想

アラスカで30回以上の夜をテントで越す中、僕はこのテントの虜になった。

とにかく設営と撤収が楽。つまりスムーズに設営と撤収ができるのである。

限られた日照時間の中でできる限りの行動時間を確保する。これは非常にシビアな課題である。

もしも10分でも早く組み立てられるテントがあったら、嬉しい限りである。

そこで今回は、mont-bellさんのテント、”クロノスドーム”を紹介したい。

テントの設営と撤収が楽な構造

クロスドームの特長
  • クロスソケット
  • 二層テント
  • 吊り上げ式

まず最初に紹介したいのがテントの天辺のところ。


拡大写真がこれ⬇︎

これはクロスソケットという機構。

十字部分にポールを奥までグッと差し込んで直行させる。
非常に簡単。これで頂点はキマり!

特にアラスカでのテントの設営と撤収はスピードが求められた。なぜなら蚊がブンブンとうるさいからだ。

クロスソケットのほかに組み立てを容易にしてくれるのが、二層テントであるということ。
二層であることによってテント内の結露が起こりにくくなる。これは一層式のテントに比べ、外気温とテント内の気温の差が小さくなるからである。

結露しにくいということは翌朝テントを撤収する際に水分を拭き取るのが楽になり撤収速度が上がる。

僕はそのような点から、レインフライ付きの二層テントのが好きである。

レインフライとは雨除けのシートのこと。

因みに、テントの結露による濡れや夜間に雨が降ってしまった場合はmont-bellのソークアップタオルを使い拭き取ると、たった2〜3回拭き取るだけで水分を乾かすことができる。
是非まとめて購入してほしい。

そして吊り下げ式の構造であるということも作業をスムーズにさせている。

吊り下げ式のテントは

「くっ!ポールが途中でひっかかってうまく通らない!くそ!」

みたいなストレスがない。

だから僕は吊り下げ式のテントを推す。

信頼のmont-bellブランド

さすがはmont-bellブランドである。生地の撥水性や軽量性なんかは最高。

また、クロノスドームシリーズは広い居住空間を持つのも魅力的だ。

軽さやコンパクトさを重視する人には山岳モデルのステラリッジシリーズもオススメしたい。

おわりに

クロノスドームは素人にも扱いやすいテントである。これからテント泊をしてみたい人は是非クロノスドームを手にしてみてはいかがだろうか?
素人でも簡単に素早いテントの設営と撤収ができるのは大きなポイントだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)