アラスカ冒険記7:アラスカ最初の朝。

前回
この記事はアラスカ冒険記シリーズのPart7です。

アラスカでの最初の朝を迎える。

昨夜は真っ暗で街の様子なんて全くわからなかった。

だから僕にとって8月6日の朝が初めてアラスカを走った実感が湧いたのだった。

あぁ、アメリカに。アラスカに来たんだ!

ってね。

REIへ出発

前回なんとかホステルへ辿り着いた僕はぐっすり寝て8月6日の朝を迎えた。

自転車は盗難防止のためホステル内に入れてもらっていたのもあり心配事もなく寝られたのはありがたかった。

ホステルでパソコンを見つける。
どうやらゲストも使えるらしい。

Twitterにログインして発信をしたい。

なんならパソコンにSDカードを差し込み、一眼レフで撮影した写真もここからツイートができそうだ。

しかしパソコンは使えなかった。
なんでやねん!!!

可愛い狼?あるいはアラスカの犬、アラスカン・マラミュートの置物。

朝食を済ませる。

せっかく街にいるのだから補給食を使う必要はないのだが、米が食べたかったので、mont-bellで購入した米を食べてしまった。

アウトドアショップREIの開店時間は午前10時。
朝6時に目が覚めてしまったので暇で暇で仕方ない。
でもクマスプレーは必須。
開店時間を待つ。

その間にREIの場所を聞く。

どうやら宿泊したホステルから近いらしい。

因みに僕の宿泊したホステルはここにある。

近くに大型ショッピングセンターのウォルマートやバス停もあり非常に便利である。

ウォルマートの近くにREIもある。

アンカレッジは
ダウンタウンとミッドタウンと郊外に分かれており、僕はミッドタウンにホステルをとったわけだが、ミッドタウンは治安も良く便利で素晴らしい印象。

全米有数の治安の悪さと聞くアンカレッジ ダウンタウンの噂と比べると拍子抜け。

さてREIへ出発。

目的地には簡単につくことができた。

REIに辿り着くまでにあったことといえば、右側通行に慣れないことくらいだ。
非常に簡単に移動できた。

途中でファットバイクのおばあちゃんとその孫に出会った。

つづきへ

次回は異国での初めてのお買い物。
お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)