アラスカ冒険記

アラスカ冒険記14:日本語流暢なハンター一家。

アラスカの壮大な景色をたった1人で走る、そんな自由という幸せを噛みしめながらも、時々そんな僻地で起こる出逢いが僕にとっては最高の時間であった。いくら素晴らしい絶景の中を走ると言っても、初めてなら海外で不安がつきない僕にとって、現地での出会いは励みになる。しかし英会話はあまり続かない。そんな時、日本語ペラペラの家族と出会う。共通の言語で話し合える幸せを僕は強く実感した。

未分類

新型肺炎コロナウイルス。サイクリングに自粛は必要か?

サイクリングは人と一定の距離を保ちながら行えるアウトドアアクティビティ。コロナウイルスの感染拡大が恐れられる中、人との距離を保ちながら行える活動と言えるかもしれない。そんな「自転車」だが僕はGWに予定していた旅を今のところ自粛しようと思っている。しかしこの予定していた旅は冒険活動の練習も兼ねたものであるため、可能なら行いたいと思っている。それにあたり僕が考え得る懸念すべきことを挙げてみた。どうかお知恵を貸してほしい。

アラスカ冒険記

アラスカ冒険記12:爆走!デナリ州立公園

自転車による南からのアラスカ縦断。いよいよデナリ州立公園へ突入する。緩やかながらも長い長い登り区間になかなか現れない川。給水できないのは死活問題!水が飲みてぇ!!!
一方、トレッキングにカヤック体験など自然豊かな州立公園での遊びは最高!
皆さんも是非デナリへ行ってみては?

アラスカ冒険記

アラスカ冒険11:動物の影に怯えた夜

“脅威を覚悟した時よりも得体の知れない恐怖に果たして自分が安全なのか危険なのかわからない時の方が遥かに怖いことを思い知った。”
ハイウェイもいよいよアラスカらしい何もない自然だけの地を貫く。
そんな何もないところで迎えた初めての夜。野生動物のイメージの強いアラスカで迎える初めての夜はとてつもなく長く感じた。次の朝を迎えられるって幸せなことです。